頭皮 異常乾燥

頭皮が異常に乾燥しやすい状態は危険信号

シャンプーはやりすぎると皮脂を取り除きすぎて頭皮の健康に害を及ぼします

 

皮脂の過剰分泌を促したり異常乾燥を招いたりして
ベタつき・フケ・かゆみといった症状が現れやすくなります
シャンプー選びと使用頻度を見直していきましょう

 

フケや頭皮のかゆみが気になるので
毎日シャンプーをセッセセッセとやっていませんか?

 

なんどやっても収まらないからといって
日に何度も髪を洗ったりしていませんか?

 

そんなヘアケア生活を送っていると
ますます症状が悪化してしまいますよ…

 

綺麗にすることはいいことだ、と
ふつうに考えたらなりますが
人間の体はそんな単純なものではありません。

 

シャンプーをするということは
髪もそうですが頭皮を洗うということになります。

 

すると頭皮表面を覆う皮脂膜を洗い流すことになります。

 

皮脂膜とは皮膚下に無数に存在する
皮脂腺から分泌される「皮脂(ひし)」という
液体から主に構成されています。

 

あぶらと聞くとベタついたり臭いがありそうで
毛嫌いされがちですが皮脂は皮膚を守る役目がある
とても重要なものなのです。

 

水分保持や紫外線カット・ばい菌の侵入阻止など
体になくてはならない存在なのです。

 

それをシャンプーで根こそぎ洗い流してしまうと
頭皮はある意味無防備な状態になります。

 

すると体は外敵の侵入をするため
皮脂を多く分泌するようになります。

 

一般的に洗浄力が強い市販シャンプーを使うと
頭皮がかえってギトギトになりやすいといわれるのは
そういうメカニズムがあるからです。

 

そしてベタつきが気になるからと
シャンプーの回数を上げてしまうと・・・
今度は頭皮が乾燥しすぎる事態に陥ります。

 

季節や環境により多少変動しますが
基本的に洗い流した皮脂膜が元に戻るのに24時間かかります。

 

それまでに何度もしつこく洗ってしまうと
カラカラした頭皮の異常乾燥を招いてしまい
細かく乾いたフケがたくさん出てくるようになり、
痒みも出てきてしまうのです。

 

 

まさに悪循環に陥ってしまいます…

 

 

乾燥しやすい時期に手の甲などが乾燥して
ガサガサしてくるとかゆくなりますよね?

 

頭皮でもそれと同じことがおきているのです。

 

 

対策としては洗浄力が丁度いいシャンプーに変えて
洗髪頻度は多くても1日に1回にします。

 

 

ちなみに石けんシャンプーは肌に優しいのはいいですが
洗浄力が強くアルカリ性に傾くのであまり良くありません。

 

皮膚は細菌の侵入を防ぐためPH値は
4.5前後の弱酸性になっていますが
乾燥肌だと6くらいにまで偏ります。

 

よってシャンプー自体も弱酸性のものが望ましいです