シャンプー 洗浄成分

シャンプーの洗浄成分で頭皮に優しいのはアミノ酸なんですが・・

自分にはどんなシャンプーが適しているのか、
どんな種類のものがあるのかなど

 

いろいろ試行錯誤や研究している方なら
よくお分かりになっているかと思います。

 

シャンプーはしっかり選ばないと
頭皮だけでなく髪の維持・発育にも影響することを。

 

基本的な機能は頭皮を洗うことですが
製品によっていろんな特色がありますよね。

 

洗うだけでは味気がないということで香料を混ぜて
アロマ的なリラックス効果を盛り込んでいるものや

 

時間短縮をうりにリンス入りのものが登場したり、
シリコンを混ぜてツルツル効果を高めるものなどなど
全体的に余計なものが含まれてるのが多いですね

 

特に最低なのは市販品の大半を占める石油系シャンプーです。

 

洗浄成分はその名の通り石油を原料とした
合成界面活性剤を使用しており、
特に必要ない着色料や科学的な匂い成分、
防腐剤をたんまりいれてる代物です。

 

容量が多いわりに価格が安いので
使っている人は多いかもしれませんが
石油シャンプーは健康を害するものといっても
全く過言ではないので注意してください。

 

値段が安いわりに頭皮に優しい石けんシャンプーも
根強い人気がありますが洗浄力が強く
頭皮がアルカリ性に偏る欠点があります。

 

頭皮と髪の健康を本気でお考えなら
少し高くてもアミノ酸系シャンプーを使うべきですね。

 

洗浄成分はココイルグルタミン酸ナトリウムなど
天然由来のものなので刺激が少なく
無駄に皮脂を取り過ぎない優れたものです。

 

他にも生薬や数種類のアミノ酸も配合し
健全な頭皮を守る手助けをしてくれます。

 

ただアミノ酸シャンプーだからといって
なんでもいいわけではありません。

 

皮脂の過剰分泌や抜け毛・枯れ毛の原因の一つに
不飽和脂肪酸が不足していることがあります。

 

頭皮トラブルを抱えている人はその体に必要な
脂肪酸が足りてないという特徴もあるんです。

 

せっかくアミノ酸シャンプーに替えてみたのに
さっぱり悩みが解消されないという方は
不飽和脂肪酸の補給ができていない可能性もあります。

 

アミノ酸はタンパク質の元となる物質なのでそれが全ての基本である、
という考えは間違いではないですが人間の体は
他のいろんな成分と協力しあうことで健康を維持しているものです。

 

ですから特定の物質ばかりに固執しても
問題が解消されないことになってしまうのです